今すぐ読んでおきたい薄毛対策ナビゲート

今すぐ読んでおきたい薄毛対策ナビゲート

薄毛対策は早めに始めるのがポイント!

鏡を見て「最近髪が薄くなってきたかも…」と感じたら要注意!
以前よりも何か変化を始めたということは、確実に薄毛が進行しているサインです。

 

男の薄毛は、しっかりと対策を行わないと酷くなる一方です。そのまま放置していても勝手に改善するようなことはないので、気になり始めた時に始めることがポイント!

 

とはいっても何を始めたらよいのか、そもそも薄毛の原因は?などなど、知らないこともたくさん。そこで当サイトでは、薄毛の基本知識をズドーンとまとめてお伝えしています。

 

薄毛といってもその状態は人によって全然違うので、まずは基礎知識をしっかりと理解しておきましょう。

 

薄毛の原因について

 

そもそもどうして男は薄毛になってしまうのでしょうか。

 

最近の芸能人の方は、50歳を過ぎてもフサフサで若々しい方がたくさんおられます。しかし、それはあくまでも一例。一般的には、ほとんどの男性が加齢とともに薄毛が徐々に進行していきます

 

早い方だと10代や20代の若い時に、薄毛が進行してしまっている方もおられるのです。

 

薄毛になってしまう一番の原因は、男性ホルモン・ジヒドロテストステロンです。

 

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと、還元酵素5αリダクターゼが結合して生成されてしまいます。生成されたジヒドロテストステロンは、毛根部にある受容体とくっつくと、ヘアサイクルを乱し抜け毛の原因となってしまうのです。

 

ジヒドロテストステロンは、思春期を過ぎた男性ならだれでも生成されると考えられています。しかし、薄毛になる人とならない人がいますが、これはジヒドロテストステロンの感受性の違いも関係しています。

 

一般的に、薄毛は遺伝するといわれますが、薄毛自体が遺伝するわけではありません。親や祖父が薄毛でも、薄毛に悩んでいない方はたくさんおられる通りです。

 

では何が遺伝するのかというと、ジヒドロテストステロンの感受性の高さです。感受性が高い方は、毛根部に受容体とジヒドロテストステロンがくっつきやすいため、抜け毛が増え薄毛につながる原因となります。

 

一般的に、筋トレをしたら禿げる、自慰をしたら禿げる、など様々なことが噂されていますが、薄毛になるかどうかは、感受性の高さによるといえます。そのため、レッグレイズやベンチプレス、クランチなど、毎日のように筋トレをしても禿げない人もいます。

 

薄毛になってしまう原因には、こういったことが関係しています。またその他にも、生活習慣やストレス、まちった頭皮ケアなども抜け毛の原因と考えられていますが、やはり一番多いのが、ジヒドロテストステロンの影響で薄毛になってしまうことです。

 

薄毛の対策について

 

では具体的にどのような対策を行えば、薄毛対策になるのかというのが一番気になるところですよね。

 

先ほどもお伝えしたとおり、薄毛になってしまう原因は、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが大きく関わっています。そのため、薄毛対策の基本は、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することにあります。

 

実は、薄毛とジヒドロテストステロンの関係がわかるようになったのは、まだまだ最近です。そのため、以前までは、皮脂が抜け毛の原因などと考えられていました。

 

たしかに、皮脂の分泌を放置していると頭皮環境が悪化してしまうため抜け毛の原因にはなります。しかし、皮脂をしっかりと落としたからといっても薄毛にならないわけではないということです。

 

よく育毛シャンプーのテレビCMを見ていると、「皮脂までごっそり」といったフレーズと共に、芸能人が気持ちよさそうにシャンプーしていますよね。最近では、嫁シャンという言葉が出てきたり、いろいろなシャンプーが宣伝されています。

 

こういったシャンプーは、皮脂が抜け毛の原因とイメージ戦略を売っていますが、多くの場合、男性ホルモンジヒドロテストステロンが原因なので、そこは間違わないようにしましょう。

 

では、どのようにジヒドロテストステロンを抑制すればよいのかという話です。

 

上でお伝えしたとおり、ジヒドロテストステロンは、元々あるものではなく、男性ホルモンのテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結合して生成されるものです。

 

そこで薄毛対策として一般的なのが、還元酵素5αリダクターゼの生成をブロックする方法です。還元酵素5αリダクターゼの生成をブロックすることで、テストステロンと結合しにくくし、結果ジヒドロテストステロンの抑制につながるというわけです。

 

では具体的に、ジヒドロテストステロン抑制方法についてお伝えしていきます。

 

最近の主流はAGA専門クリニックでの治療

 

 

「薄毛になったら病院へ」という芸人さんが出演していたテレビCMを見たことはあるのでしょうか。最近では、薄毛を専門で治療するAGA専門クリニックが、都市部を中心に増えてきました。

 

AGA専門クリニックでは、発毛の専門医の診察を受け、薄毛治療薬を処方してもらい治療を行います。一般的には、ジヒドロテストステロンを抑制するプロペシアを処方し、発毛効果の認められているミノキシジルを処方してもらいます。

 

プロペシアには、ジヒドロテストステロンを抑制するフィナステリドと呼ばれる成分が配合されています。元々は、別の薬として使われていたのですが、副作用として発毛【正確には抜け毛を抑える)効果が現れたことで薄毛治療として活用されるようになりました。

 

ミノキシジルも同じく、初めは低血圧の薬として活用されていましたが、副作用として発毛効果が見られたため薄毛治療薬として使われています。

 

プロペシアもミノキシジルも、日本皮膚科学会が発表したガイドラインでは、唯一A評価を獲得した薬となっています。
そのため、専門医の治療でも処方され、多くの方が服用されています。

 

薄毛治療薬のデメリット

 

効果を実感する方が多いプロペシアやミノキシジルといった薄毛治療薬ですが、薬なので副作用もあります。

 

ミノキシジルの場合、頭皮に炎症を起こしてしまい痒みに襲われる(別名ミノキ焼け)があります。日本人の場合、10人に一人くらいの割合で発症してしまうため、注意が必要です。一般的に、ミノキシジルの濃度が高くなればなるほど副作用のリスクが上がるようです。

 

プロペシアの場合は、精力減退・勃起不全などの副作用が挙げられています。しかし、これらの副作用は、偽薬を使った実験でも同様の結果が出ているため、それほど心配する必要はないともいわれています。

 

このように、効果が認められている一方で副作用の恐れもあるため、専門医の受診を受けることが大切です。

 

皮膚科を受診してプロペシアを処方してもらう

 

AGA治療薬のプロペシアは、AGA専門クリニック以外の皮膚科でも処方してもらえます。AGA専門クリニックは、都市部に多いため地方に住んでいる方は、なかなか通えないといいうデメリットもあります。

 

しかし、皮膚科なら近所にあることも多いため、比較的受診しやすく通いやすいのが特徴です。

 

ただし、皮膚科での治療は基本的には、プロペシアを処方してもらうだけだと考えたほうが良いでしょう。AGA専門クリニックのように、専門的な治療を受けることはほとんどありません。また、そもそもプロペシアを取扱いしていない皮膚科も少なくないため、受診する前にインターネットなどでその病院が、男性型脱毛症の治療をしているのかどうかも確認しておきましょう。

 

自宅で手軽に行える育毛剤を使った対策

 

 

AGA専門クリニックでの薄毛治療は、最低でも月に1度は専門医を受診する必要があります。また、薄毛治療は全額自己負担なので高額な費用も必要になってきます。

 

一方、自宅で手ごろな値段で取り組めるとして人気なのが、育毛剤を使った対策です。育毛剤は昔からありますが、最近の育毛剤には、ジヒドロテストステロンを抑制する成分が含まれるなど、注目されるようになってきています。

 

育毛剤を使うメリットとしては、副作用の恐れがないということです。

 

先ほどもお伝えしたとおり、プロペシアやミノキシジルには、副作用の恐れがあります。そのため、使いたいけど使えない、副作用が心配だけど何とか薄毛対策をしたい!という方も多いです。

 

そういった方は、育毛剤を使った薄毛対策に取り組まれています。また、自宅でインターネット通販で手軽に申し込めるのもメリットですね。

 

宅急便によっては時間指定もできるので、病院に行く必要もありません。こういったことから、育毛剤を使って対策に取り組む方も増えています。

 

育毛剤の選び方

 

育毛剤は各メーカーから様々な商品が販売されています。メーカーによっては、頭皮のタイプ別(脂性でベタベタ頭皮の方向け、頭皮が乾燥してつっぱる方向け)など、頭皮の状態に分けて販売されているところもあります。また、ネット通販を見てみると、ドラッグストアにはおいていないような育毛剤もたくさん販売されています。

 

育毛剤選びのポイントとして「使っている方のリピート率・満足度のデータを見る」というのも重要です。

 

当たり前ですが、リピート率や満足度が高いということは、それだけ実感されている方が多いということです。適当に作ったデータを公表することはできないため、これらのデータを公表しているメーカーの育毛剤は使いやすくなっているでしょう。

 

また、成分もしっかりと確認するということも大事です。

 

育毛剤は同じような名前の商品でも、配合されている成分が全く違うのが当たり前です。逆に、全く違う商品名でもOEM販売している場合、成分は同じで値段だけ違うということもあります。

 

そのため買う前にはしっかりと成分を確認することが重要です。成分についてイマイチ良くわからない場合は、育毛剤についてまとめられたサイトをチェックすると良いですね。

 

育毛剤についてまとめられたサイトについて

 

最近では、育毛剤についてまとめられているサイトがたくさん出ているようになっています。多くのサイトで実際に育毛剤を使ったり、成分について詳しくまとめられていたりしています。
どのサイトを参考にしても良いと思いますが、やはり客観的な意見やデータをしっかりと提示しているサイトを見たほうが良いかと思います。

 

主観的なランキングサイトや比較サイトが増えているからこそ、どれを選ぶか迷ってしまいますからね。
また、育毛剤を選ぶ時はあくまでも個人差があるということを忘れてはいけません。

 

たとえば、最近話題になっている育毛成分M−034という育毛成分があります。
この成分は、薄毛治療薬のミノキシジルと同等のパワーとして注目を集めていますが、やはりこれにも個人差があります。

 

また、薄毛と一言で言っても前頭部から来る薄毛や頭頂部から来る薄毛など、人によってその状態は様々なです。
AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる男性の典型的な薄毛から、円形脱毛集などまだ具体的に原因がわかっていない薄毛などもあります。

 

このように、薄毛といっても人によってその状態は全然違うため、使うべき育毛剤も変わってくるということです。
いろいろな育毛剤のサイトを参考にしながらあなたに合ったサイトで育毛剤を選ぶと良いでしょう。
参考:育毛剤の人気ランキング

 

育毛剤を選ぶポイントっていうのはいろいろあります(成分・値段・知名度など)。その中から、あなたに合った育毛剤を選ぶことが重要です。そういった点から考えると、頭皮の状態別に育毛剤を販売していたりするのは、選びやすくなっていますね。

 

薄毛は対策できる時代になりつつある

 

AGA専門クリニックや育毛剤といった育毛アイテムが増えてきたことにより、薄毛対策を手軽にしっかりと取り組めるようになってきました。特にAGA専門クリニックなんかは、ここ数年で増えてきたので、一昔前までは考えられませんでした。

 

現在は、薄毛治療は全額自己負担となっていますが、そのうち保険が適応されるようになるかもしれません。

 

このように、薄毛になってもまずは冷静になってどのように対策するか選択できるのはうれしいことです。薄毛になってしまう原因を理解したうえで、アナタに合った方法で薄毛対策に取り組むと良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ